ツェルニーをも愉しむそら君

query_builder 2024/06/10
ブログ

そら君がツェルニー30番に入ったのは、

小学一年生の頃です。


ツェルニーは、テクニックを付けるためのエチュードで、とにかく難しいし、

つまらないので、殆どのお子さんは、大嫌いです!🤪笑


何を隠そう、私も大嫌いでした!


ところが、そら君ときたら、

「その」つまらないツェルニーを


毎週、楽しそうに弾いてくるのです。

しかも、宿題の先の先まで!!


それも楽譜に指定してある速さで!


私も長く指導に携わって来ましたが

そんな子は、はじめてで驚きました🤭


一体、ツェルニーの何が楽しいのか⁉️


ちょー楽しい❣️何これ❣️と言って

コロコロと笑いながら弾くその姿に

謎?????でした!笑😆


つまらないエチュードを

楽しみながら練習するのですから

それはそれは上達します😊


現在、小学6年生ですが、

バッハをはじめ、ハイドン、ベートーヴェン、モーツァルトetc


バロック、古典時代の作曲家を

弾きこなし、ピアノを楽しんでいます。


そんなそら君なので、

小学1年生の時、

発表会でカバレフスキーの変奏曲を選びました。

私としては、近現代の作品にも触れさせたいという思いでしたが、


発表会が終わるとお母さんから「そらが、ピアノを辞めたいと言ってるんです💦どうしたら良いか…」と、ご連絡がありました。


お母さんも私も、

まさか、ノリに乗ってるそら君が、

ピアノを辞めたい‼️とは…


とても驚きました😱


確かに

カバレフスキーを仕上げるのに

一苦労したのは事実ですが、

そこまで嫌だったとは…


7才になったばかりのそら君には、

近現代の作品は、早過ぎたのかな…

と反省しました。


頑なに辞める!!と言っているそら君に

これから先、ピアノをどれほど愉しめるようになるか、を説明し、なんとか思いとどまってもらいました😊


音楽の道に進むのであれば

全ての時代の作曲家に触れることは必要ですが、趣味としてピアノを愉しむのであれば、私は、好きな曲だけで良いと思っています。


というより、

「好きだな」と思える曲に出会ってほしいと思っています。


人生100年時代と言われていますが、


一生を掛けて弾き続けても

そうはたくさんの曲には出会えません。


子ども達には

この曲、弾いてみたい❣️というお気に入りの曲をどんどん見つけてほしいなと思います☺️


そら君は、今年の発表会で

シューベルトの即興曲を弾きます。


既に暗譜し、

自分の音楽をどう表現したいのか、

全体の流れをどう感じるのか…を捉え

細かく分析し、仕上げに入っています。


基本的なことは

勿論「楽譜の通りに弾く」のが

前提ですが、


その先まで行かなければ

感動する音楽には辿りつけないと思います。


そら君がどんなシューベルトを奏でてくれるのか、とても楽しみです😊

記事検索

NEW

  • 美しい音色のりょうが君

    query_builder 2024/06/21
  • やればできるゆうあちゃん

    query_builder 2024/06/20
  • いつも笑顔のももちゃん

    query_builder 2024/06/19
  • 小学5年生のしょうたとももちゃん

    query_builder 2024/06/18
  • 抜群にポテンシャルが高いあかり

    query_builder 2024/06/17

CATEGORY

ARCHIVE